爆速最強パワーデッキ!トップスピード3神ザシアン!!|ホロルゴ

ホロルゴ@3756です、前回は《ドラパルトVMAX》のデッキを紹介させていただきました。 今回はルール、レギュレーション変更後の環境で最も猛威を奮っている『3神ザシアン』が新パック「反逆クラッシュ」により更に強力になったので新しいタイプの3神ザシアンデッキを紹介します。

ホロルゴ選手@RUGO3756)プロフィール】 実績 ~2020年シーズン~ CL東京:20位 シティリーグシーズン1:9位 現在プレイヤーランキング35位前後 CS優勝等

デッキリスト

ポケモン(15枚)

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX:2枚 ザシアンV:3枚 ワタシラガV:3枚 デデンネGX:2枚 ネクロズマあかつきのつばさGX:2枚 ヤレユータン(さるぢえ):2枚 マーシャドー(リセットホール):1枚

グッズ(21枚)

クイックボール:4枚 プレシャスボール:4枚 グレートキャッチャー:1枚 ぼうけんのカバン:2枚 ふうせん:2枚 げんきのハチマキ:1枚 おおきなおまもり:1枚 ダートじてんしゃ:4枚 ポケモンいれかえ:1枚 ツールスクラッパー:1枚

サポート(9枚)

Nの覚悟:4枚 ボスの指令:3枚 博士の研究:1枚 マリィ:1枚

スタジアム(3枚)

トキワのもり:3枚

エネルギー(12枚)

基本水エネルギー:2枚 基本鋼エネルギー:10枚

採用カード解説

採用理由に疑問が持たれそうなカードを抜粋して解説します。

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX:2枚

スタートすると当たりに見えて実は弱い為サイド落ちを考え最低限の枚数。 先行時は、バトル場にいるまま相手にターンを渡してしまうと後攻1ターン目から攻撃してくるデッキだった場合に「アルティメットレイ」を宣言する前に倒されてしまうリスクが危険。 このデッキは《メタルソーサー》が採用されておらず「アルティメットレイ」の宣言ができずに《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》が倒されてしまうと厳しくなる。 スタートしてしまった場合は逃がせれば逃がし、ワザ宣言の速度と《おおきなおまもり》でカバーしよう。

ネクロズマあかつきのつばさGX:2枚

《Nの覚悟》はベンチのポケモンのみ対象に取るので、特性「インベイジョン」をした後に道具《ふうせん》を付けて《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》と入れ替わる動きが「オルタージェネシスGX」の宣言までの過程をサポートしてくれる。また、《ザシアンV》のワザ「ブレイブキャリバー」のデメリットも1度ベンチに下げることで次のターンも連続して使うことができて相性が良い。 《ポケモンいれかえ》と違い「デデチェンジ」の前に準備をしておける点が強力。

ヤレユータン(さるぢえ):2枚

《Nの覚悟》でエネルギーが最低1枚でも《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》に付けば、手張りと合わせて後攻1ターン目に「オルタージェネシスGX」の宣言に辿り着けるので、手札のエネルギーを1枚デッキトップに予約してから《Nの覚悟》といったコンボをする為採用。

マーシャドー(リセットホール):1枚

後攻1ターン目に使いたいサポートは《Nの覚悟》になり、ドローサポートを使えないので「デデチェンジ」を使う為に《無人発電所》の対策として。

グレートキャッチャー:1枚

《ボスの指令》だけではこのターンに必要なカードが足りず《博士の研究》《マリィ》を使わなければならない場面でドローサポートを使いながら相手のベンチポケモンを呼び出すカード。主に《デデンネGX》を呼んで倒す機会が1度あるゲームが多い。

げんきのハチマキ:1枚

HP270のポケモンに対して「オルタージェネシスGX」と合わせて1度270ダメージを繰り出さなければならないタイミングがある為。

ダートじてんしゃ:4枚

後攻1ターン目に「デデチェンジ」だけでは「オルタージェネシスGX」の宣言まで不安がある。 また、トラッシュにサポートを送っておくことで《ワタシラガV》の特性「ハッピーマッチ」を強く使うことが狙い。

ツールスクラッパー:1枚

相手のポケモンを1撃で倒して最速のサイドプランで勝利したいデッキの為、相手の《おおきなおまもり》が主な対象。

トキワのもり:3枚

後攻1ターン目の《デデチェンジ》宣言前に、まだベンチに《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》を出せていない状況でエネルギーの手張り権を予約しておけるのが強力。

〜デッキ構築経緯〜

《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》は後攻1ターン目から「オルタージェネシスGX」を宣言することが最も強い行動なのは誰もが承知の事実だと思うが、反逆クラッシュリリース以前の『3神ザシアン』は後攻1ターン目から「オルタージェネシスGX」を宣言するには必要なカードの要求値が非常に高かった為、安定感が乏しくそれを狙いとしたデッキは主流とされていなかった。

後攻1ターン目からの「オルタージェネシスGX」を諦め、不利な後攻からのミラーマッチを制する為に採用されていたカードとして《クラッシュハンマー》《あとだしハンマー》で先行の特権である先にエネルギーを1枚《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》に貼り、先行2ターン目から「オルタージェネシスGX」の宣言を妨害し、後攻のプレイヤーが先に「オルタージェネシスGX」を宣言し優位に立とうとする構築が主流だった。

Nの覚悟は後攻1ターン目からオルタージェネシスGXを宣言する為だけのカードでは無く、相手の後攻1 ターン目にハンマーでエネルギーをトラッシュされた場合でも先行2ターン目からオルタージェネシスGXを宣言できるメタのメタカードとしても強力な効果を発揮する為、以前から私はNの覚悟を採用した3神ザシアンデッキを愛用していたが安定感に乏しかった。

しかし、《ワタシラガV》の特性「ハッピーマッチ」の登場により好きなサポートカードを手札に加えることが可能になったので課題であった安定度が増した為この機会にデッキを紹介することにした。

〜デッキコンセプト〜

《Nの覚悟》を使い後攻1ターン目からの最速「オルタージェネシスGX」の宣言するという『3神ザシアン』デッキにおいて最もパワーの高いプレイを目指し、《ボスの指令》を駆使しながら相手のデッキに対する最速のサイドプランでサイドを取り切り勝利することを目的としたデッキである。

〜デッキの強み〜

環境に存在するデッキの多くは後攻1ターン目の「オルタージェネシスGX」は想定しておらず、先行2ターン目の「オルタージェネシスGX」、先行3ターン目の《アルティメットレイ》に対して勝てるようにデッキが組まれているので相手の想定したプランを崩してペースを握ることができる。

《デデンネGX》と《ダート自転車》の採用により、トラッシュに使いたいサポートが落ちている状況を再現しやすくなっている。尚且つ3枚採用されている《ワタシラガV》によって妥協したサポートではなく毎ターン最も使いたいサポートを使い、理想のプランが通りやすく構築されている。

《ラティオスGX》のGXワザ「クリアビジョンGX」を宣言される前に「オルタージェネシスGX」を宣言できる。

環境デッキ相手の基本的なプランニング

VS3神ザシアンミラー

《Nの覚悟》で相手より先に「オルタージェネシスGX」を宣言する。 次のターンの「アルティメットレイ」では概ね相手のベンチに出ている《デデンネGX》を倒し、サイド3枚取る。 次のターンで《ザシアンV》を倒してサイド6枚。

VSピカチュウ&ゼクロムGX

《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》への「フルドライブ」宣言を「オルタージェネシスGX」宣言前にされないように気をつける。 「アルティメットレイ」では基本的に《デデンネGX》を《グレートキャッチャー》or《ボスの指令》で呼び出して倒し、次のターンに《ザシアンV》の「ブレイブキャリバー」で《ピカチュウ&ゼクロムGX》or《カプ・コケコV》辺りを倒して6枚。

VSミュウツー&ミュウGX、オーロット&ヨノワールGXデッキ

《ラティオスGX》のが採用されている可能性があるので、「クリアビジョンGX」を宣言される前に「オルタージェネシスGX」を宣言する。 《ザシアンV》に《げんきのハチマキ》を付け、「ブレイブキャリバー」270ダメージで相手のTAGTEAMポケモンを1回倒しサイドを4枚、《ボスの指令》で《カラマネロ》を倒し6枚。

VS LO系統

最速で「オルタージェネシスGX」の宣言を目指す。 《メリープ》の特性「ふわふわまくら」に対しては《ネクロズマあかつきのつばさGX》の特性「インベイジョン」で眠りをケアしながら《ボスの指令》を連打し、倒してもサイドが取れない《ピッピ人形》を無視してサイドを取っていく。トラッシュに《ボスの指令》が落ちてしまっても《ワタシラガV》で手札に加えられるのが新たなLOに対する強化点。

Tips

私は以前『レッドパーフェクション』を愛用していた時も《カプ・テテフGX》は3枚ベストだという結論を出した。TAGTEAMという気絶すると相手にサイドを3枚も取られてしまうゲームスピードの早いリスクのあるポケモンがメインとなりバトル場で戦っているデッキなので、妥協したサポートを使ってしまった時点で負けになることが多いことが対戦を重ねるうちに判明したからだ。TAGTEAMポケモンの登場や、《リセットスタンプ》の不採用が目立つほどの「オルタージェネシスGX」によるゲームスピードの速さの現環境では尚のこと妥協したターンは1ターンでも許されない。

『3神ザシアンデッキ』における《Nの覚悟》は、以前のレギュレーションで猛威を奮っていた「先行カキ」に対して「後攻Nの覚悟」と同等のパワーを持っている。

『3神ザシアン』というデッキは「オルタージェネシスGX」を宣言し「アルティメットレイ」でベンチの《ザシアンV》にエネルギーを付けてしまえば盤面でデッキコンセプトが完結する。その後サイドを取り切り勝つ為に相手のベンチを呼ぶカード以外必要無いゲームがほとんどなのだ。以上のことから《Nの覚悟》をサーチするだけではなく《ボスの指令》をサーチでき、序盤から終盤までキーカードをサーチできる《ワタシラガV》はゲーム中2枚は使うことが多いので3枚採用とした。

〜終わりに〜

新しい環境の最初ということで、メタカードは自分のデッキを気持ちよく回す最低限のものしか採用せずデッキコンセプトをシンプルに最も強く動かすデッキを紹介させていただきました。 反撃クラッシュリリース以前の『3神ザシアン』よりもデッキパワーが相当高くなり、使っていて気持ちの良いデッキに仕上がっていると思います!是非使ってみてください!!

出品