改訂後に注目のテーマは!? 遊戯王新環境考察! | kazuma

1.はじめに

皆さん、こんにちは。お久しぶりです。Kazumaです。 今回の記事は先日発表された2021年1月適用のリミットレギュレーション環境はどのように変化していくのかをまとめ上げた環境考察記事になります。 今回の改訂で弱体化したテーマと強化されたテーマ、改訂後注目すべきテーマについてまとめております。 改訂後に使用するデッキを悩んでいる方やどのデッキを注視してデッキ構築を行うべきか悩んでいる方の役に立てると思いますので興味のある方は是非ご覧ください。 それでは考察の方に移っていきます。

2.強化されたテーマと弱体化したテーマ

今回の改訂では、前環境ズバ抜けて勝率の高いテーマやシェア率の高いテーマが存在しなかったことからか厳しい規制の対象となったテーマはなく、規制されたカードは少なく、逆に緩和されたカードの枚数の方が多い改訂となりました。 まずはじめに今回の改訂を踏まえ、前環境活躍していたテーマのなかで強化されたテーマと弱体化を受けたテーマについて解説していきます。

《強化を受けたテーマ》

【コードトーカー】

『ファイアウォールドラゴン』の制限緩和で強化を受けました。 【コードトーカー】は初動の多さと手札誘発の貫通力は高いのですが、展開した後の妨害手段は少なく、『デコードトーカー・ヒートソウル』の2ドローで妨害を引き込むか、『サイバネット・コンフリクト』の1妨害のみで妨害数にやや不安が残るテーマです。しかし、『ファイアウォールドラゴン』の制限緩和で妨害手段を1つ多く用意する事ができるようになりました。これにより、展開した際に以前より盤面は強固なものとなりました。 『サイバネット・コーデック』を利用した大量展開を狙う構築、罠を多く採用した構築どちらでも『ファイアウォールドラゴン』を活用でき、改訂後の【コードトーカー】は前環境の時よりも強力なデッキに進化したテーマとなります。 改訂後の環境はどのように構築が進化するのか、非常に楽しみなデッキの一つです。現状、エラッタを受けたテキストの『ファイアウォールドラゴン』を1番うまく使う事ができるテーマかと思いますので『ファイアウォールドラゴン』を使いたい方にもオススメのテーマです。

【エルドリッチ】

『レッド・リブート』の規制で強化を受けました。 『呪われしエルドランド』が規制されましたが、『呪われしエルドランド』は「エルドリクシルカード」や「黄金郷カード」でセットする事ができず、素引きを前提としたカードです。ギミックを回すカードは『名推理』や『隣の芝刈り』で代用が効き、『強欲で金満な壺』や『金満で謙虚な壺』の豊富なドローソースを持ち合わせていることから元々安定性は高く、『呪われしエルドランド』の規制はそこまで痛手ではないと感じています。それよりも罠デッキの天敵である『レッド・リブート』や『ダイナレスラーパンクラトプス』が規制された利点が大きいと感じ、テーマ内のカードは規制されましたが、結果的に強化されたテーマの一つと考えています。

《弱体化を受けたテーマ》

【未界域】 『トーチ・ゴーレム』の禁止により弱体化を受けました。 【未界域】で使用する『トーチ・ゴーレム』は1枚で総リンク数6までモンスターを展開し、『召命の神弓アポロウーサ』で手札誘発のケア、『鎖龍蛇-スカルデット』でドロー加速を行いつつ、『PSYフレームギア・γ』、『無限泡影』のケアも同時にこなしながら、先攻ワンキルの安定性の向上と手札誘発への貫通力を高める役割がありました。 また、制限カードでありましたが、『ダーク・オカルティズム』で手札に加える事ができるので高い確率でこのカードを手札に引き寄せる事ができます。 しかし、このカードの禁止により、安定性と手札誘発への貫通率の低下という弱体化を受けました。ですが、先攻ワンキルのために必要な『マジックテンペスター』は健在で【未界域】カードやドローソースの役割を担っていたカードにも改訂の影響はありません。元々、安定性の高いデッキなので手札誘発への貫通力はやや、低下しましたが弱体化とはいえ、まだまだ前線で戦えるデッキかと思います。 【召喚獣+教導】 『暴走魔法陣』と『天底の使徒』の規制により、弱体化を受けました。 『強欲で貪欲な壺』や『金満で謙虚な壺』などの豊富なドローソースがあることから『暴走魔法陣』が1枚減った分の安定性は補えるかと思いますが、『天底の使徒』が規制されたことで後手の捲りに不安を感じます。メインギミックへの規制は少なく、まだまだ戦えるデッキかと思いますが、前環境活躍していた他のデッキは規制されていないテーマが多く、【エルドリッチ】や【ドラゴンメイド】などの不利対面がほぼ無傷で環境に居座っていることやメタゲーム的に有利な立ち位置ではないことから環境の変わり目を節目にこのデッキのシェア率は低下すると考えています。 【シャドール+教導】 『天底の使徒』の規制により、弱体化を受けました。 カード1枚の変化ですが、他の環境デッキと比べた際に安定性に不安があり、貴重な1枚初動を担っていたこのカードの制限化は見た目以上のダメージと思います。 【ドラゴンメイド】のようなEXデッキのカードに頼りきらず、バウンスによる妨害を持ち合わせた不利対面となるデッキの勢いがある環境でメタゲーム的に有利な立ち位置でないことから改訂後のシェア率は低下すると思います。

【3.流行予想デッキ】

次に改訂後の環境で流行する事が予想されるテーマについてまとめました。 《tier1》 【電脳堺】【ドラゴンメイド】 《tier2》 【サンダードラゴン】【エルドリッチ】【コードトーカー】【幻影騎士団】 《tier3》 【召喚獣】【シャドール】【未界域】【竜輝巧(ドライトロン)】【プランキッズ】 僕は環境初期の各デッキの立ち位置はこのようになると考えています。 《tier》を選定している基準は〝デッキの強さ〟よりは〝シェア率の高さ〟が予想されるデッキを上位にしています。また、関東圏での大会を想定して《tier》を選定しています。 何故、改訂後の環境はこのような環境になると想定しているのか、前環境でのシェア率、改訂の影響に基づいて解説していきます。

《tier1》

【電脳堺】 前環境、中期から後期にかけて猛威を振るったデッキです。前環境初期のシェア率は中堅デッキ程度の使用者数でしたが、『真竜皇V.F.D.』の制圧力の高さ、『電脳堺門-朱雀』での永続罠カードへの耐性、中期に登場した『電脳堺門-玄武』を利用した手札誘発の貫通性の向上でシェア率を高め、前環境後期にはメタゲームのTOPの一角となりました。 改訂の影響による弱体化もなく、多くの手札誘発を採用しながら1枚のカードで動く事ができる【召喚獣】がやや不利対面でしたが、改訂後は【召喚獣】のシェア率が低下する事が予想されますので前環境よりも勢いの増すデッキかと思います。(【召喚獣】のシェア率が低下する事が予想される要因は後述しているのでそちらをご覧ください) 展開デッキが好みの方や環境初期、デッキ選択を悩んでいる方におすすめのテーマです。 懸念点は【電脳堺】を意識してデッキ構築をしているプレイヤーは多いことが予想でき、メインデッキの手札誘発を多く採用し、【電脳堺】にメタが集中する恐れがありますが、その点を加味しても改訂後の環境は高いシェア率のテーマかと思い、この位置付けと考えています。 【ドラゴンメイド】 前環境後期、急激にシェア率を伸ばしたデッキです。アドバンテージの獲得に長けたビートダウンデッキで、関東圏では展開系デッキよりもビートダウンデッキのシェア率が高いのもあり、リソースゲームに長けたこのデッキのシェア率が増加しました。初ターンの妨害数は少ないので展開系デッキに対しての不安点はありますが、環境初期は様々なデッキが見られる時期でその中で不利な対面が少なく、安定性の高さからおすすめのテーマです。

《tier2》

【サンダードラゴン】 前環境から一定数以上のシェア率を保っていたデッキです。改訂で規制されたカードはありませんが、前環境は『超雷龍-サンダードラゴン』の効果の影響を強く受ける【召喚獣】の分布が多く、【サンダードラゴン】が戦いやすい側面もありましたが、改訂後のメタゲームの中心となる事が予想される【電脳堺】や【ドラゴンメイド】に対して有利な対面とは言えず、シェア率が少し低下すると考え、この立ち位置に落ち着くと考えています。 【エルドリッチ】 前環境初期に猛威を振るっていた【十二獣】や【召喚獣】に有利なことからシェア率を増加したデッキです。先程も述べたように『呪われしエルドランド』が3枚から2枚に減少しましたが、このテーマの対策カードとして多くのデッキが採用していた『レッド・リブート』、『ダイナレスラー・パンクラトプス』が規制されたことでのプラス面の要素が大きいと考えています。【電脳堺】を意識してメインデッキに手札誘発を多く採用される傾向にあると予想しているので手札誘発が刺さりにくい【エルドリッチ】は戦いやすいと考えていることからこの立ち位置に置いています。 【コードトーカー】

前環境、中堅デッキの立ち位置でシェア率は多くもなく、少なくもなくといった印象で、安定性、手札誘発の耐性は高いものの、メインギミックで用意できる妨害が『サイバネット・コンフリクト』のみで妨害数の少ないテーマでした。しかし、今回の改訂で『ファイアウォールドラゴン』が制限カードとなり、メインギミックで用意できる妨害数が増え、注目を集めているテーマです。『ファイアウォールドラゴン』の緩和で使用者が少し増えると想定しているので《tear2》に位置付けています。

【幻影騎士団】 安定性が高く、展開後も墓地の「幻影カード」のリソースを残す事が強みの『No.86H-Cロンゴミアント』の制圧を狙う展開系デッキです。 改訂による弱体化は特に見られず、『魔界発現世行きデスガイド』の緩和で微々たる程度になりますが、強化を受けています。墓地のカードを利用し、展開を行うデッキですが、苦手な【シャドール】が弱体化を受け、メタゲーム的に追い風な印象を受けました。 また、このデッキが目指す『No.86H-Cロンゴミアント』は『真竜皇V.F.D.』以上に制圧力の高いシステムモンスターです。改訂後の環境は様々なデッキの分布が見られますが、『No.86H-Cロンゴミアント』はどの対面に対しても有効なカードなので相手のデッキに左右されず、自分の動きを通すことを目指せばいいので様々なデッキのシェアが見られる環境初期におすすめのテーマです。

《tier3》

《召喚獣+教導》 改訂で規制を受けたテーマですが、ギミックには問題はなく、戦えるレベルかと思います。しかし、【召喚獣】の対策カードとして採用されていた『アーティファクト・ロンギヌス』の採用率は【電脳堺】のメタとして改訂後も下がりにくく、メタゲーム的にも有利な対面が少ないことから環境の変わり目ということでシェア率は低下することを予想しています。 しかし、このデッキのシェア率が低下し、E Xデッキに『教導の大神祇官』の効果の対策として採用されていたカードの採用がなくなればまた使用率が伸びる可能性も秘めているかと思います。 《シャドール+教導》 前環境初期にシェア率が高かったものの、『応戦するG』などのメタを寄せられたことに加え、安定性が他のデッキに比べて低いことから中期から後期にかけてシェア率が低下したデッキです。 改訂の影響で『天底の使徒』が制限カードになり、安定性がさらに低下したことに加え、E Xデッキのカードを使わずに戦う事ができ、バウンスによる妨害を主軸に戦う【ドラゴンメイド】が苦手なことを踏まえ、改訂後のシェア率はあまり高くないと予想しています。しかし、【幻影騎士団】や【エルドリッチ】のような墓地を活用するテーマに対して有利性のあるテーマなので今後のメタゲームの流れ次第では活躍できる可能性を秘めているテーマです。 【竜輝巧】(ドライトロン) 前環境後期に大会で結果を残したテーマです。 複数回、効果を使用できる『崇高なる宣告者』での制圧を目指す展開系デッキです。 儀式を用いて戦うテーマなのでバウンスの妨害を乗り越えやすく、改訂後の環境でシェア率が高い事が予想される【ドラゴンメイド】に対して優位性が高い事が強みに感じています。『スカルマイスター』が流行していたことが少しの不安要因ですが、これらの要因からシェア率が伸びる可能性も見られるので《tear3》に位置付けています。 【未界域】 『トーチ・ゴーレム』が禁止カードになり、安定性、手札誘発への貫通性能は落ちてしまいましたが、『トーチ・ゴーレム』を使えずとも元々、安定性は高く、【電脳堺】に対して効きにくいことから『無限泡影』の採用率が低く、この手札誘発が流行していないのは【未界域】が戦いやすい環境と考えています。また、シェア率の高い事が予想される【ドラゴンメイド】はバウンスによる妨害手段の多いテーマですが、【未界域】はバウンスによる妨害を乗り越えやすく、戦いやすい対面です。シェア率は低いもののこれらの理由から環境に存在すると思い、《tear3》に位置付けています。使用者が多い地域なら『ドロール&ロックバード』など特定のメタカードを採用するのも悪くないかと思います。 【プランキッズ】 前環境、【コードトーカー】同様、シェア率は多くもなく、少なくもなくといったシェア率のデッキです。 改訂後の規制による影響はなく、前環境一定数のシェア率を保っていたことから、改訂後の環境でもある程度のシェア率が見られる事が予想されるテーマです。 しかし、前環境後期、サイドデッキに『スカルマイスター』を採用したデッキが見られ、『召喚教導』や『シャドール』のメタ先が空いた分、『スカルマイスター』の採用率が高まり、戦いにくい要素が見られるので《tear3》に位置付けています。

【4.改訂後のオススメデッキ】

僕が改訂後の環境でオススメのデッキを「展開を得意とするデッキ」・「長いゲームに強いデッキ」・「罠カードを軸に戦うデッキ」の3つの要素ごとに分けてデッキレシピと共に紹介させていただきます!デッキ構築に悩んでいる方の参考になれば幸いです。 【電脳堺】 展開系デッキを好んで使っている方にオススメのデッキです。 手札誘発を考えながらの展開は難しいデッキですが、既に研究が進められているテーマであることと自由枠が少ないことを踏まえ、構築のしやすいデッキです。普段遊戯王する時間があまり取れない方でも空いた時間に一人回しで展開パターンを暗記するだけで充分な調整となり、普段、調整する時間が中々作れない方にもオススメのテーマです。 【ドラゴンメイド】 アドバンテージの獲得に長けていて【閃刀姫】や【オルターガイスト】のようなジワジワとゲームを有利に進める、相手とのやり取りが深く、長いゲームに強いデッキが好みの方にオススメのデッキです。 主要カードが高騰していて、デッキを組むためにかかる費用が他のデッキに比べて高いデッキですが、それに見合った価値のあるテーマと思います。興味のある方は是非、組んでみてください。 【エルドリッチ】

罠カードを主軸に戦うのが好みの方にオススメのデッキです。 デッキの自由枠が多いので環境の流れに合わせたデッキ構築が必要でプレイ・構築ともに難しいデッキですが、『レッド・リブート』、『ダイナレスラーパンクラトプス』の規制で以前よりストレスなく、回しやすくなったかと思います。この機会に【エルドリッチ】に興味のある方は是非、組んでみてください。

【5.最後に】

今回の改訂は規制されたカードの種類が少なく、テーマ内のギミックの回転に必須なカードよりかは様々なデッキに採用されていて単体で見た時に強力なカードが規制された傾向となりました。それなので前環境で活躍したデッキの姿はそこまで変わらず、改訂後の環境は多くのデッキの活躍が見込める群雄割拠の環境が継続されるかと思います! 今回の記事で改訂後の環境で使用するテーマの選択やどのテーマを意識してデッキ構築をするべきか役に立てば幸いです。 何か質問がありましたら僕のTwitter@kazuma_ygo1018か質問箱に送っていただければ返答させていただきます。 今回の記事は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました!

出品