ポケカ サン・ムーンの高額プロモランキング・買取価格表

今年で26周年を迎える『ポケットモンスター』。
それと同時に『ポケカ』も26周年を迎えます。

引用:ポケモンセンタートウキョーベイHP
ポケカは第1弾の通称『旧裏初版』から始まり、現在に至るまで様々なシリーズが販売されてきました。
その中で特別なプロモカード等、高額で取引されるカードも数多く出ています。
そこで今回は【サン・ムーン】シリーズに焦点を当てて、高額プロモをランキング形式でご紹介していきます。
売買する際の参考になれば幸いです。

ランキングの基準

▪【サン・ムーン】シリーズ中に配布されたプロモカードのみのランキングです ▪表示価格は基本的にフリマの美品の価格です ▪取引が確認されたカード・出品のあるカードのみランキングに入れています ▪『ロケット団スペシャルケース』については流通時期はサン・ムーン時代だったものの、受注受付期間がそれ以前のため対象外としています。

第10位 争奪戦ミュウツーGX SR

【相場】120,000円前後 【特徴】 このカードは2019年に開催された『ミュウツー HR 争奪戦』で配布されました。 こちらはSR版で、4人トーナメントの勝者に配布されました。 全部で2,400枚しか配布されておらず、非常に貴重なカードです。 性能はそこまで高くなく、環境で使用されることはほぼありませんでした。 イラストは正面を向いて拳を握っているミュウツーが描かれているデザインで、ミュウツーの中でも非常に人気の高い1枚です。 配布当時は1,5万~2万円前後で取引されていましたが、人気の上昇・ポケカバブル等によって価格が高騰し、2021年頃のピーク時は約18万円程で取引されました。 現在は少し落ち着き、12万円前後での取引が多いです。 購入はこちら⇒ミュウツーGX SR プロモ

第9位 アローラの仲間たち

【相場】135,000円前後 【特徴】 このカードは2019年に発売された『リミテッドコレクション マスターバトルセット』に収録されました 完全受注生産の商品で、当時はそこまでポケカ人気が高くなかったため、需要に対して供給枚数が少ないのが特徴です。 特にこの『アローラの仲間たち』は『リーリエ』や『スイレン』等、人気キャラが描かれており、非常に人気が高いです。 マスターバトルセットの定価は12,000円ですが現在はプレミア価格で取引されており、未開封品だと25万円前後で取引されています。 つまり価格の半分以上はこの『アローラの仲間たち』が占めており、他のサプライ等はそこまで高くありません。 2021年の『女性トレーナーバブル』時には20万円を超える金額で取引されていた時期もありましたが、現在は少し落ち着き13,5万~15万円程での取引が多いです。 購入はこちら⇒アローラの仲間たち

第8位 ミミッキュ ムンクプロモ

【相場】140,000円前後 【特徴】 このカードは2018年に『ポケモンセンターオンライン』と東京美術館『ムンク展』で販売された『ミニカードファイル』に収録されました。 キャラ人気やイラスト、個数制限があったこと・入手手段が少なかったこと等から高額で取引されています。 正確な配布枚数は分かりませんが、前述した『ミュウツーGX SR』と同じかそれ以上に流通枚数は少ない印象です。 キラ加工やその他加工が施されておらず、知らない人から見たらただのノーマルに見えるようなカードです。 そのため雑に扱われ、傷があるカードも珍しくなく、美品の割合は他のプロモカードと比較すると低いです。 こちらは大幅に価格が下落することは無く、配布時から現在までほぼ右肩上がりの高騰を見せています。 購入はこちら⇒ミミッキュ ムンクプロモ

第7位 プレイヤーズ セレモニー 2018

【相場】145,000円前後 【特徴】 このカードは2018年シーズン中(2017年9月~2018年8月)に、チャンピオンシップポイントを120以上集めて申請することで入手することができるプロモです。 こちらも正確な枚数は分かっていませんが、2018年6月時点で430枚受け取る権利のある人がいたことを考えると、実際に配布された枚数は500枚前後だと思います。(あくまで予想枚数です) イラストは『ピカチュウ』や『ゾロア』、『ラルトス』等、可愛いポケモンが多く描かれています。 こういったプレイヤーズ系のプロモは、基本的に他のポケモンのプロモに比べると人気はそこまで高くないですが、その配布枚数の少なさ・イラスト人気から高額で取引されています。 ポケモンカードをがっつりやった人のみが貰えるカードなので比較的保存状態が良いものが多いのも特徴です。 このカードも年々高騰している1枚です。 購入はこちら⇒プレイヤーズ セレモニー 2018

第6位 争奪戦ゼクロムGX SR

【相場】280,000円前後 【特徴】 このカードは2018年に開催された『ゼクロムSR争奪戦』の勝者に配布されました。 こちらは全部で1,000枚しか配布されておらず、ポケモンのSRプロモとしてはかなり少ない部類です。 同じ争奪戦プロモの『ミュウツー』と比較すると市場に出てくる枚数が極端に少なく、現在magi上でも1枚のみ販売中です。 また、キャラ人気に加え、『初の争奪戦ポケモン』ということもありコレクター人気が高い1枚です。 こちらも『プレイヤーズセレモニー』同様、美品の割合が高いカードで、傷ありの方が珍しいと思います。 一時期は30万円を超える金額で取引されていましたが、現在は少し落ち着き25~28万円前後での取引が多いです。 購入はこちら⇒争奪戦ゼクロムGX SR

第5位 エクバ アセロラ

【相場】600,000円前後 【特徴】 このカードは2020年に開催された『エクストラバトルの日』の優勝者・じゃんけん大会の勝者に配布されたプロモパックに収録されました そのため通称『エクバ アセロラ』と呼ばれています。 『アセロラ』という圧倒的なキャラ人気があるカードですが、入手手段が限定的かつランダムで、配布枚数が非常に少ないです。 そのため需要に対して圧倒的に供給が少ない状態で、非常に高額で取引されています。 配布当時は2万円前後で取引されていましたが、『ポケカバブル』『女性トレーナー高騰』を受け、徐々に価格が高騰し現在では約30倍の価格で取引されています。 購入はこちら⇒エクバ アセロラ

第4位 争奪戦ミュウツーGX HR

【相場】900,000円前後 【特徴】 このカードは2019年に開催された『ミュウツー HR 争奪戦』の勝者に配布されました。 こちらはSR版と異なり300枚しか配布されておらず、非常に貴重なカードです。 性能・イラストはSR版と変わらず、環境で使われることはほぼありませんでした。 サン・ムーン時代に配布されたプロモですが、『ミュウツー』ということで無印世代からの人気も高く、20代~30代の方に特に人気があります。 かなり高額ですが入手難易度自体はそれほど高くなく、2022年5月現在は複数のフリマアプリやカードショップ等で販売しています。 またHRの加工・紙の性質上傷が付きやすく意外と管理をしっかりしていても傷が入る場合があり、現在の市場にも傷ありカードは複数枚存在します。 現在は配布からまだ3年しか経っていないのでそれなりに出回っていますが、キャラ人気や配布枚数を考えると、今後出品は少なくなると思います。 大幅な値下がりも考え辛いカードなので欲しい方は早めの入手がオススメです。 購入はこちら⇒争奪戦ミュウツーGX HR

第3位 エクバ リーリエ

【相場】1,000,000円前後 【特徴】 このカードは2020年に開催された『エクストラバトルの日』の優勝者・じゃんけん大会の勝者に配布されたプロモパックに収録されました そのため通称『エクバ リーリエ』と呼ばれています。 『リーリエ』という圧倒的なキャラ人気があるカードですが、入手手段が限定的かつランダムで、配布枚数が非常に少ないです。 そのため需要に対して圧倒的に供給が少ない状態で、非常に高額で取引されています。 ポケカバブルが落ち着いて、ポケカ全体の価格が落ちている時にも価格をキープしていた異例のカードです。 『アセロラ』同様、元々の価格はここまで高いわけではなく、最安時は4万円前後で取引されていました。 しかし『ポケカバブル』『女性トレーナー高騰』を受け、徐々に価格が高騰し現在では約30倍の価格で取引されています。 購入はこちら⇒エクバ リーリエ

第2位 争奪戦ゼクロムGX HR

【相場】2,000,000円前後 【特徴】 このカードは2018年に開催された『ゼクロムHR争奪戦』の勝者に配布されました。 こちらはSR版と異なり100枚しか配布されておらず、非常に貴重なカードです。 性能・イラストはSR版と変わらず、環境で使われることはほぼありませんでした。 HRのゼクロムGXは世界に100枚ということもあり、最近は市場に出てくる枚数が5枚を上回ることが殆ど無いほどレアなカードです。 このカードが欲しいために、【カードショップ店員が客のエントリーを受け付けず、自分1人だけの参加にしてゼクロムを独占した事件】が起きるなど、配布当時から特別なカードとして認知されていました。 正直、同じ争奪戦プロモである『ミュウツー』と比べるとキャラ人気は劣りますが、初代争奪戦ポケモン・世界に100枚という希少性などから非常に高額で取引されています。 購入はこちら⇒争奪戦ゼクロムGX HR

第1位 ロイヤルマスク SR

【相場】3,500,000円前後 【特徴】 このカードは2017年に開催された『ロイヤルマスク100枚争奪戦』の勝者に配布されました。 その名の通り、このロイヤルマスクは100枚しか配布されていない非常に貴重なカードです。 ポケカはよく『男性トレーナーは安い』というイメージを持たれますが、サン・ムーンシリーズで1番高額なのが男性トレーナーなのは面白いですよね笑 効果はシンプルなエネ加速で、正直殆ど使われることはありませんでした。 ゼクロム同様、100枚しかないという希少性で高額で取引されています。 ちなみに『ロイヤルマスク』というキャラクターは『ポケットモンスター サン・ムーン』に登場した人物で、その正体は『ククイ博士』です。 実はアローラ地方のポケモンリーグチャンピオンレベルの実力があり、まさに優勝者に相応しいカードになっています。 配布当時はまだそこまで高額で取引されていなかったため、投資家の参入が少なくコレクターの所有率が高いため、市場に出回る数はかなり少ないです。 購入はこちら⇒ロイヤルマスク SR

まとめ

以上、サン・ムーンの高額プロモをランキング形式でご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか? サン・ムーン時代はまだ『コロナウイルス』が流行する前で、争奪戦(大会)プロモが多くランクインしました。 今回ご紹介したカードは全て流通枚数が少なく、年々美品が減少・価格が上昇していくと予想されます。 もし購入を考えているカードがあれば早めの購入がオススメです。 また、今回ご紹介した価格は【美品】の価格であり、傷ありのカードであればかなり安く購入することができます。 是非自分が納得できる状態・価格のものを吟味して購入を検討してみてください。 今回の記事が売買する際の参考になれば幸いです。 最後まで読んで頂きありがとうございました。