ローガンポールが4億円で買ったポケモンカードが偽物?所持しているリザードンの価格は?

これまでmagi(マギ)ではポケモンカードゲームに関する記事を幾度か取り上げさせていただきました。 今回はその中でも、ローガンポールが4億円で買ったポケモンカードが偽物?所持しているリザードンの価格についてご紹介したいと思います。 最後までお付き合い頂けますと幸いです。

             トレカ専用フリマアプリ             magiのインストールはこちら。

『ローガン・ポール(Logan Paul)』さん

Logan Paul(引用:YouTube 様)

■YouTubeチャンネルURL 【 https://www.youtube.com/c/loganpaulvlogs

■チャンネル登録者数:【 2350万人 】

■Twitterアカウント:【 @LoganPaul

■詳細

ローガン・ポールさんはTwitterでのフォロワー数644.2万を誇るアメリカ人のYouTuberです。 そんな彼が『ポケモンカードゲーム』の拡張パックを高額で購入した時はニュースになりました。 しかし、偽のカードに何百万ドルも払ったのでないかという疑いも出ており、彼は自分の購入した品物を確かめにいき、2022年1月に間違いなく偽物だということが判明しました。 その後、「偽のポケモンカードに350万ドル(約4億円)使ってしまった」というタイトルの動画を投稿しています。 しかし、ここに至るまでの道のりはジェットコースター並みの急展開だった様です。 コレクター需要増加の影響で、現在では第1弾のポケモンカードに軽く何千ドルもの値段がつくようになり、海外でもポケモンカードのゴールドラッシュとなっています。 2021年12月、ローガンさんは「ちょっといい値段になるレアカードが入っている可能性もある『未開封で鑑定済み』の初版を箱買いした」と発表していました。 彼は熱狂的なポケモンカード・コレクターで、15万ドル(約1700万円)のリザードンのカードも所有しています。 Logan Paul(引用:YouTube 様)

4億円で掴まされた偽物

しかしながら、ローガンさんが購入したカードの真偽にポケモンカードの専門家たちが疑問を持ち始めました。 経過を見ていた人たちは、ローガンさんが購入した箱はこれまでに出た同じようなのものと違う、また、最初の所有者はこの高額の箱を入手した経緯についての説明を少なくとも3回は変えていると言っている。この箱は最初、オークションで7万5000ドルで落札されたのちに、取引がキャンセルとなっている。この落札額はオークションの相場を大きく下回るものだ。 オンライン上に浮上した疑問を明らかにしようと、ポールはスポーツトレーディングカードディーラーのBaseball Card Exchange (BBCE)に鑑定してもらうためにシカゴに向かいます。前の所有者はこのセットを「以前、BBCEに鑑定してもらった」と言っていたことを、ローガンさんはその鑑定を直接確かめにいくことにしたです。 外箱はそれなりに年月が経過した感じでいかにもそれらしいが、中の箱を取り出して開けてみると、ポールとBBCEのスタッフ、そして、そこにいた誰もが目にしたものは……箱いっぱいの「G.I.ジョー」のトレーディングカードでした。それを見てポールは怒り出し、BBCEのオーナーは「みんなだまされた」とつぶやきました。

模造品や偽物は珍しくない

いらすとや(引用:いらすとや 様)

彼はこの時、この箱の前の所有者であるカードコレクターのマット・アレンさんと一緒に鑑定にきていました。 この箱は、マットさんが270万ドルで購入し、ローガンさんに350万ドルで譲ったもです。マットさんは動画で、「BBCEの鑑定がなかったら、絶対に買わなかった」と言っており、さらには、「事態を収拾するために新たな手段を講じるつもりだ」とも話している。 「僕は超ポジティブな人間だから、常に前向きであるようにするんだけど。そうしようとしてるけど、これはかなりキツいよ」とローガンさんは言っています。 熱狂が続くポケモンカードについては、模造品や偽物は市場ではよくあることなので、購入の際には注意が必要です。

彼が所持する推定1億円のリザードン

そんな話題に欠かないローガン・ポールさんですが、2021年6月7日に行われたボクシング元世界5階級制覇王者 Floyd Mayweather(フロイド・メイウェザー)さんとのエキシビションマッチにて推定1億円の価値があるリザードンを身に着けていたことでも話題になりました。 多くのボクサーは入場時、ボースティングの一部としてゴールドやダイヤモンドなどの宝飾品を身に纏い現れるですが、ローガンさんは首から1枚の『ポケモンカード』だけを下げて入場しました。 この情報だけだと「なんだそれ」で終わりますが、よく見るとこの『ポケモンカード』は数千万円超えで取り引きされることが珍しくない初期版リザードンであり、なおかつカード鑑定会社「Beckett(ベケット)」が完璧な保存状態を示す“Gem Mint 10(ジェムミント10)”と評価した世界に3枚しかないと言われる超希少品だったのです。 このリザードンはオークションに出品された過去がないので価値は推定となってしまうのですが、「Beckett」によると100万ドル(約1億900万円)はくだらないとのこと。試合後、Loganはリザードンを身に着けた理由について「世界に3枚しかないこの1枚を手に入れてから、人生の流れがクレイジーなほど変化した。だから俺にとっては幸運のお守りなんだ」と語っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか、今後もポケモンカードゲームに関連した記事も更新していきますので、また覗いて頂けますと幸いです。 今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました。 地方の方等は、ネットでの買取を行っているところに相談するなどしてできるだけ高く買い取ってもらいましょう。 他にも最大20社から一括査定できる「ヒカカク!」等を駆使して値段比較をするのも良いと思います。 ヒカカク!

magi買取事務局では一般的な買取金額より高く買取金額を設定している場合がほとんどですので、是非無料で査定依頼を出してください。

            トレカ専用フリマアプリ           magiのインストールはこちら。