王来篇MAX最終弾 鬼切札!マスターCRYMAX!!の先行紹介カード一覧

今年で20周年を迎える『デュエルマスターズ』。
王来篇も終盤に入り、アニメ・カード共に盛り上がりを見せています。

引用:タカラトミー公式HP
そこで今回は6月25日発売予定の王来篇MAX最終弾『 鬼切札!マスターCRYMAX!!』で先行紹介されたカードをまとめていきます。
購入する際の参考になれば幸いです。

MAX-Gジョラゴン

引用:デュエルマスターズ公式HP コスト6/自然/S-MAX進化クリーチャー/11000 【種族】マスター・ドラゴン/ジョーカーズ/レクスターズ ■Wブレイカー ■このクリーチャーが召喚によって出た時、または自分のターンのはじめに、カードを1枚引き、その後、自分の手札を1枚をマナゾーンに置く。こうしてマナゾーンに置いたカードが、ジョーカーズまたはレクスターズの、クリーチャーまたはタマシードなら、次の相手のターンの終わりまで、その置いたカードが持つ能力をすべて、このクリーチャーに与える。

特徴

今弾の『KING MASTER』枠のカードです。 6コスのS-MAX進化クリーチャーで、初の自然文明のジョラゴンが登場しました。 自分のジョーカーズ・レクスターズのクリーチャーかタマシードの能力をコピーすることが出来る能力で、かなり凶悪な動きが出来そうなカードです。 コピーすることが出来るので、本来1枚しか使えない殿堂カードを実質2枚以上使えるようになるのも面白いポイントだと思います。 ただCip(出た時に発動する効果)はコピーしても殆ど使えないので注意が必要です。 とはいえ、様々なカードと組み合わせて使える能力で期待の大きい1枚です。

CRYMAX ジャオウガ

引用:タカラトミー公式HP コスト7/闇/S-MAX進化クリーチャー/10000 【種族】デモニオ/鬼レクスターズ ■鬼S-MAX進化 ■Tブレイカー ■このクリーチャーが出た時、各プレイヤーは自身のシールドゾーンにあるカードを3枚ずつ選び、残りを墓地に置く。 ■このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体破壊し、その後、相手の手札を2枚見ないで選び、捨てさせる。

特徴

今弾の『KING MASTER』枠のカードです。 7コスのS-MAX進化クリーチャーで、『ジャオウガ』の最終形態です。 CIpでお互いのシールドを3枚ずつ墓地に置くことができます。 この効果によって、基本的には『鬼タイム』の条件を満たすことができます。 また同時に墓地肥やしが出来る点も優秀なポイントです。 攻撃時は相手のクリーチャーを1体破壊しつつ2ハンデスすることができます。 腐りにくい効果で、確実にカードアドバンテージを得ることができるので使い勝手が良いです。

テラ・スザーク<ロマノフ.star>

引用:タカラトミー公式HP コスト7/闇/スター進化クリーチャー/9000 【種族】ドルスザク/ドラゴン・ゾンビ/ナイト/レクスターズ ■スター進化 ■Wブレイカー ■自分、手札、シールド、クリーチャー、タマシードを、最大1つずつ選び、墓地においてもよい。こうして選んだ数だけ、このクリーチャーの召喚コストを1少なくする。 ■このクリーチャーが攻撃する時、コストの合計が6以下になるよう、タマシードを4枚まで、自分の墓地から選んで出す。 ■このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。

特徴

今弾のSR枠のカードです。 最高(低)3コスで召喚できるスター進化クリーチャーで、攻撃時に最大4枚のタマシードを出すことができます。 これだけでもかなり強そうな気がしますが、このカードはさらに『墓地から召喚できる』という効果も持っています。 つまりこのカードを完全に止めるには主に『マナ送り』『山札送り』『シールド化』の3つしかありません。 また、『墓地からも出せるSAのWブレイカー』という単純な火力要員として使うこともできます。 『ドラゴン』『ナイト』『レクスターズ』と種族も優秀で、サポートを受けやすいのも使いやすいと思います。 今後新規の『タマシード』が出る度に実質的な強化を受けるカードで、将来性も高い1枚です。

サッヴァーク-MAX

コスト7/光/S-MAX進化クリーチャー/11000 【種族】マスター・ドラゴン/メタリカ/レクスターズ ■S-MAX進化 ■ブロッカー ■Wブレイカー ■相手のクリーチャーが攻撃する時、自分の、光のタマシードを1枚含むアンタップしているタマシードを合計3枚、タップしてもよい。そうしたら、このカードを自分の手札から出す。 ■自分のクリーチャーは、ブロック中破壊されない。

特徴

今弾のSR枠のカードです。 相手ターン中に手札から出すことのできるブロッカーで、『ニンジャストライク』『ハヤブサマル』と似た使い方ができます。 S-MAX進化を持っているので敗北回避効果もあり、ブロック中破壊もされないのでかなり耐久面は優れています。 ただアタッカーとしての能力は無く、完全に受け札としての採用になると思います。 ドラゴンなのでサポートを受けやすく、『天ニ煌メク龍終ノ裁キ』との相性も良いです。

「亜堕無」-鬼MAX

コスト5/水/S-MAX進化クリーチャー/7000 【種族】アダムユニット/デモニオ/鬼レクスターズ ■鬼S-MAX進化 ■ブロッカー ■Wブレイカー ■このクリーチャーがタップした時、バトルゾーンにある相手の、アンタップしているクリーチャー1体またはアンタップしているタマシードを1枚選び、持ち主の手札に戻す。その後、その戻したカードよりコストが小さいタマシードを1枚、自分の墓地から出す。

特徴

今弾のSR枠のカードです。 5コスの軽量S-MAX進化クリーチャーで、タップ時に『相手のアンタップしているクリーチャー1体またはアンタップしているタマシード』を1枚バウンスすることができ、その後それよりコストの小さいタマシードを1枚、自分の墓地から出せます。 一見すると控え目な能力ですが、『タップした時』に発動するので、攻撃時・ブロック時・その他効果等でタップした時全てに適用されます。 そのため発動タイミングが多く、相手の不意を突いてタマシードを出すことが可能です。 現状ではそこまで強力な動きはしないと思いますが、効果の発動条件が緩いのでGRの様に強力なカードが登場すると悪用されそうな印象です。

EVE-鬼MAX

コスト5/火/S-MAX進化クリーチャー/9000 【種族】イブユニット/デモニオ/鬼レクスターズ ■鬼S-MAX進化 ■Wブレイカー ■自分のクリーチャーが相手を攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その2体をバトルさせる。 ■自分のクリーチャーがバトルに勝った時、相手のクリーチャーではないカードを1枚破壊してもよい。

特徴

今弾のSR枠のカードです。 こちらも軽量S-MAX進化クリーチャーで、「亜堕無」-鬼MAXと対をなすカードです。 自分のクリーチャーが相手を攻撃する時相手のクリーチャーと自分のクリーチャーを強制バトルさせることができます。 そのため『バトルに勝ったとき~』から始まる効果を持ったクリーチャーと相性が良いです。 また、バトル勝利時に相手のクリーチャー以外のカードを1枚破壊できます。 そのため最近採用率の高い『タマシード』は勿論、『D2フィールド』や『クロスギア』、『城』等も破壊可能です。

ダイナボルト <カツキング.Star>

コスト7/火/スター進化クリーチャー/25000 【種族】ダイナマイト・ドラゴン/アウトレイジMAX/レクスターズ ■究極スター進化 ■∞ブレイカー ■このクリーチャーが攻撃する時、相手のパワー25000以下のクリーチャーを2体まで破壊する。 ■このカードが離れた時、コスト6以下の進化クリーチャーを1体、自分の手札から出してもよい。

特徴

今弾のSR枠のカードです。 まず目につくのはそのパワーで、25000という非常に高い値を誇っています。 大抵のクリーチャーは上から取ることができ、攻撃時にも25000以下を2対破壊と、除去範囲が広いのが特徴です。 また、除去されたらコスト6以下の進化クリーチャーを手札から出すことができます。 手札に進化クリーチャーをキープしておく必要がありますが、『進化設計図』等のリソース補充カードを採用すればこの問題は殆ど解消されます。 相手からすると除去すれば進化クリーチャーが出てきて、放置すると除去を喰らうのでかなり厄介なカードです。

闘争と成長の決断

引用:デュエルマスターズ公式Twitter コスト5/自然・火/呪文 ■自分のパワー6000以上のクリーチャーがあれば、この呪文を唱えるコストを2少なくする。 ■次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい) ▶︎自分の山札の上から1枚目をタップしてマナゾーンに置く。 ▶︎自分と相手のクリーチャーを1体ずつ選び、その2体をバトルさせる。 ▶︎クリーチャーではないカードを1枚破壊する。

特徴

今弾のVR枠のカードです。 名前の通り新規の『パーフェクト呪文』で、初の多色カードです。 コストを2軽減でき、『マナ加速』『強制バトル』『クリーチャー以外の単体除去』の中から2回選ぶことができます。 5C以外の『フェアリー・ミラクル』としても採用できますし、それ以外の使い方も数多くあります。 『メンデルスゾーン』と違って、ドラゴンを採用していないデッキでも使えるのもポイントです。 ユーザーの反応としては『強い』『そこまで強くないと思う』等、賛否が分かれていましたが、個人的にはかなり強いんじゃないかと思っています。

戦カウ駆ルマ「輪断罪」

引用:タカラトミー公式HP コスト4/水/クリーチャー/5000 【種族】アダムユニット/デモニオ/鬼レクスターズ ■このクリーチャーが出た時、カードを3枚引き、その後、自分の手札を3枚捨てる。 ■タマシードが自分の手札から出た時、そのタマシードよりコストが小さいタマシードを1枚、自分の墓地から出してもよい。

特徴

今弾のレア枠のカードです。 Cipで手札の選定・墓地肥やしができます。 そして常在効果で『タマシード』が手札から出る度に、それよりもコストの小さいタマシードを墓地から出すことができます。 『手札から』という条件はあるものの、かなり発動条件は緩く、今後出るタマシード次第ではかなり凶悪な動きが出来るカードだと思います。 ですが、除去耐性が無く、パワーも低いので破壊やバウンスなどの除去を受けやすく、いかに守るかが重要なカードです。 ユーザーの反応は『ちょっと強そう』や『悪いことできそう』等、期待値は高めです。 GRのようにカードパワーがインフレするとかなり化けそうな1枚です。

U・S・A・AIDORU

引用:タカラトミー公式HP コスト4/火/クリーチャー/3000 【種族】ビートジョッキー/レクスターズ ■スピードアタッカー ■自分の進化クリーチャーが破壊された時、バトルゾーンに自分の《U・S・A・AIDORU》がなければ、このクリーチャーを自分の手札から出してもよい。

特徴

今弾のレア枠のカードです。 自分の進化クリーチャーが破壊された時にタダ出しできるクリーチャーです。 SAも持っているので、自分の進化クリーチャーが攻撃⇒破壊⇒手札から打点追加という動きができます。 普通に強い効果ですが、このカードが1番強いのは【相手がU・S・A・AIDORUを常に警戒しながらブロック・除去等をしなければならない】 という点だと思います。 相手は下手に進化クリーチャーを破壊すると手札から飛んできてリーサルを取られかねないので、常にそれをケアしなければなりません。 このカードによって、単純な殴り合いの速攻デッキに『心理戦』という要素が入ってきます。 『我我我ガイアール・ブランド』等の自壊効果を持っているカードと組み合わせると確実に効果を発動できるので、より強力な動きが出来てオススメです。

スターマンの天海珠

引用:タカラトミー公式HP コスト5/光・水/タマシード 【種族】スターノイド/レクスターズ ■シンカライズ ■このタマシードが出た時、自分の山札を見て、その中から、自分のタマシードの枚数以下のコストの、光または水の進化クリーチャーを1体、出してもよい。そうしたら、山札をシャッフルする。 ■自分の進化クリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引き、自分の山札の1枚目をシールド化してもよい。この能力は、各ターン1度しか使えない。

特徴

今弾のレア枠のカードです。 大型のタマシードで、CIpで進化クリーチャーを踏み倒すことができます。 自分のタマシードの枚数以下のコストの進化クリーチャーしか出せないので、高コストクリーチャーを出すなら、かなりタマシードに寄せた構築にする必要があります。 また、最後の効果は自分が進化すると使えなくなるので、その点は注意が必要です。

まとめ

以上、鬼切札!マスターCRYMAX!!の先行公開カードをご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか? 今弾は最終弾ということもあって、かなり面白いカードが多いです。 また、今回はご紹介しませんでしたが、【デドダム】や【ミクセル】等の優良カードも再録が決まっています。 既存のプレイヤーは勿論、新規で始める方にもオススメできるBOXになっています。 今回の記事がパックを購入する際の参考になれば幸いです。 最後まで読んで頂きありがとうございました。