世界に20枚のspring【無双竜機ボルバルザーク】の相場予想・流通枚数は?

2022年になり、『真の20周年』を迎えたデュエルマスターズ。
王来篇の『ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン』に引き続き王来MAXでは『無双竜機ボルバルザーク』の20thSPレアが配布され、当たり報告も数件出てきています。

引用:王来MAX第1弾 鬼ヤバ逆襲S-MAX!! HP
そこで今回はそんなspring版『無双竜機ボルバルザーク』の相場予想や流通枚数について解説していきます。
是非最後までお付き合い下さいm(_ _)m

無双竜機ボルバルザークとは?

まず『そもそも無双竜機ボルバルザークって何?』という方のために簡単に能力や特徴を解説していきます。 無双竜機ボルバルザークとはデュエルマスターズ史上初の【プレミアム殿堂カード】です。 7マナ6000,SAの自然/火のドラゴンで、cipで他のパワー6000のクリーチャーを全破壊します。 その後無条件のEXターンを得られ、そのターン中に勝利出来なければ自分は敗北します。 DM- 10で登場し、そこから一気に環境を荒らしました。(使用可能期間中の再録はありません) 一時期は『ボルバル・マスターズ』と呼ばれており、禁止カードに指定するように抗議運動も起きる程でした。 デュエルマスターズのみならずトレーディングカード史上最凶カードとして、その悪名は現在でも語り継がれています。

流通枚数

次に流通枚数について見ていきます。 前提として【無双竜機ボルバルザーク】の20thSPレアは 王来MAX1弾(spring) 20枚 王来MAX2弾(summer) 20枚 の計40枚が配布されます。 ですがこれはあくまで最終的な理論上の数であり、剝かれないBOXや再販も考慮すると一気にその枚数が流通するわけではありません。 少なくとも王来MAX2弾が販売されるまでは、どんなに多くても20枚のみの流通になります。

相場予想

最後に相場予想をしていきます。 結論から言うとspring版の【無双竜機ボルバルザーク】は120万円~140万円程で取引されると思います。 では何故その金額で取引されると思ったのか根拠を説明していきます。 この金額だと予想した主な要因は ▪キャラ人気 ▪配布枚数 ▪コレクターの規模・話題性 ▪現在のボルメテウスの価格 の4つがあります。1つずつ詳しく見ていきます。

キャラ人気

まずは『キャラ人気』です。 勿論【無双竜機ボルバルザーク】は人気の高いクリーチャーですが、前回の【ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン】と比較するとどうしても人気は落ちてしまいます。 また、当時のプレイヤーはボルバルザークのことを【バランスブレイカー】という認識でいる方も少なくなく、良いイメージを持っていない方もいます。 そういった背景からボルメテ程の人気、需要は無いと予想しています。

配布枚数

次に『配布枚数』です。 【無双竜機ボルバルザーク】の20thSPレアは前述したように合計40枚しか配布されません。 さらに各季節ごとに絞れば20枚限定のカードです。(この点はボルメテも同じですが...) 単純な合計枚数だけで言えば【ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン】の丁度半分ということになり、これが高額で取引される一番の要因になると思います。

コレクターの規模・話題性

続いて『コレクターの規模』です。 デュエルマスターズは現在、100%国内のみで販売しています。 つまり『海外にコレクター・プレイヤーが少ない』ということになります。 また、デュエルマスターズは他タイトルに比べてコレクターが少ないタイトルでもあります。 こういったプロモ系のカードを買うのは殆どの場合がコレクターなので、当然需要も低くなってしまいます。 そしてもう1つ重要なのが『話題性』です。 ボルメテウスの時は初の試みだったため、デュエマ界隈以外にも非常に話題になりました。 その結果『デュエマコレクター以外の方が購入する』『投資目的で買う』というケースもありました。 しかし今回は2回目ということもあり、話題性はそこまで高くありません。 よって、そこまで高額で取引されないのではないかと予想しています。

現在のボルメテウスの価格

最後に『現在のボルメテウスの価格』です。 【ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン】の20thSPレアは現在、バージョンにもよりますが100万円~130万円前後で取引されています。 合計80枚のボルメテウスが100万円を超えていることを考えると、色んな要素を考慮しても40枚のボルバルザークが100万円を割ることはないと予想しています。

まとめ

以上【無双竜機ボルバルザーク】の20thSPレアの説明・相場予想をしていきましたが、いかがでしたでしょうか? 今回の相場予想はあくまでも『予想』なので外れる可能性も充分にあります。 大体の参考程度に考えて頂ければば幸いです。 また、今回予想した金額はある程度流通した時の価格であり、初動等は遥かに高い金額で取引されると思います。 もし購入を考えている方はどうしてもすぐ欲しい訳ではないなら、少し待って価格が落ち着いてから購入するのがオススメです。 最後まで読んで頂きありがとうございました。