王来篇拡張パック第4弾 終末王龍大戦の当たりカード一覧・相場まとめ

2021年の『デュエルマスターズ王来篇』を締めくくるパック終末王龍大戦。
今回はそんな記念すべきパック『終末王龍大戦』の当たりカード・相場をまとめていきます。
パックやシングルを購入する際の参考になれば幸いです。
※2月2日現在のフリマ相場です

20thSPゴールドレア

まずは高額レアの代名詞【20thSPゴールドレア】のご紹介です。 数カートン剥いても出ない程の低封入率で、非常に希少性が高く、高額になっています。 また今回のKING MASTER枠のカードはどれも強力で、他の弾よりも高額で取引されています。

未来王龍 モモキングJO

【相場】30,000円前後 コスト5/シンカパワー/火・自然/Wブレイカー/パワー7000のクリーチャーです。 攻撃時、自身の上に進化できる『モモキング』クリーチャーを手札から召喚することができます。 『モモキング』シリーズの特性上、シンカパワーと非常に相性が良く、環境では主に『アルカディアス・モモキング』や『ボルメテウス・モモキング』等と使われることが多いです。 『モモキング』が出る度に強化されるカードなので、今後も注目のカードです。

終末縫合王 ミカドレオ

引用:遊々亭様HP 【相場】25,000円前後 コスト10/EXライフ/ブロッカー/水・自然・闇/Qブレイカー/パワー19000のクリーチャーです。 バトルゾーンに出たとき、デッキトップから4体のクリーチャーを好きなだけ出すことができます。 また、自分のターンの初めにコスト8以上のクリーチャーが4体以上いれば、そのままゲームに勝利できます。 『刃鬼』を彷彿とさせるド派手な効果で、強力なフィニッシャーです 当然このクリーチャーもコスト10なので4体のうちの1体に含まれます。 出せばほぼゲームセットのカードですが、10マナとかなりコストが重いので、ランプ系のカードや踏み倒しカードと併用するとより強力な動きができます。

Volzeos-Balamord

【相場】各16,000円前後 コスト9/エクストラEXライフ/SA/水・光・闇/ワールドブレイカー/パワー555555のクリーチャーです。 このカードはかなり特殊で、手札かマナに3枚のパーツがあればコストを払って合体させ召喚することができます。 召喚したターンはブロックされず、攻撃時に相手を全ハンデスします。 着地すればほぼ確実に相手のシールドをブレイクすることが可能で、パワーも高いので殴り返しの心配も殆どありません。 こちらも『終末縫合王 ミカドレオ』同様、出せばほぼゲームエンドの強カードですが、召喚条件が厳しいので、ドロー・マナ加速カードと併用するとより強力です。

20thSPレア【Bレア】

続いて20thSPレアのご紹介です。 20thレアも今弾が最後ということで、かなり強力なカードが多いです。 特に再録枠のカードが高く、汎用カードや4枚採用されるカードは高額で取引されています。

ウマキン☆プロジェクト

【相場】5,000円前後 コスト4/バズレンダ2(無色)/水・自然/パワードブレイカー/パワー0000+のクリーチャーです。 バズレンダで『フェアリーシャワー』を打つことができます。 単体でのコスパは『フェアリーシャワー』よりも高いですが、Sトリガーがないことやクリーチャーである点で差別化は出来ています。 十王篇環境では【アナカラーデッドダムド】などで採用されていましたが、王来篇では採用率が低下しました。 ですが圧倒的なイラストアドで高額で取引されています。

地龍神の魔陣

【相場】6,800円前後 コスト2/G・ストライク/水・自然の呪文です。 山札の上から3枚を見て、1枚を手札かマナに置き、残りを山札の下に戻すという能力です。 単純な比較は出来ませんが、ほぼ『フェアリーライフ』の上位互換と言っても過言ではなく、強力な動きが序盤から出来ます。 またドローを選択できる点から終盤でも腐りにくく、Gストライクで受けにもなります。 一切の無駄が無く、今後も使われると思われる良カードです。 デッキに4枚採用するカードなので、非常に高額で取引されています。

天災 デドダム

【相場】7,500円前後 コスト3/水・闇・自然/パワー3000 バトルゾーンに出たとき、山札から3枚めくり手札・マナ・墓地に1枚ずつ置くことができます。 色の縛りは厳しいものの、非常に強力なリソースを確保できるカードで、『コントロール』系『侵略』系のデッキでは非常に重宝します。 数回再録されていますが、こちらも4枚採用されるカードで高額で取引されています。

メンデルスゾーン

【相場】3,000円前後 コスト2/火・自然の呪文です。 山札の上から2枚見て、ドラゴンを全てマナに置き、残りを墓地に置くという効果です。 言わずと知れたドラゴンデッキのお供で、2→5の動きができる強力なカードです。 殿堂候補に挙げられるほど環境では活躍しており、殆どのドラゴンデッキに採用されます。 20th版では特別仕様のイラストになっており、『メンデルスゾーン』の中では最も高額です。

ロスト・Re:ソウル

【相場】4,000円前後 コスト7/Gストライク/闇の呪文です。 【相手の手札を全て捨てさせる】という単純な効果で、『ロスト・ソウル』にそのままGストライクが付いた形です。 7コストということで『ザーディクリカ』を採用したデッキで多く採用されています。

∞龍 ゲンムエンペラー

【相場】1,700円前後 コスト∞/水・闇/ブロッカー/∞ブレイカー/パワー∞ ムゲンクライム4で召喚可能で、『コスト5以下のクリーチャー・呪文の能力を無視する』という能力です。 パワー∞なので殴り返される心配はありませんが、5コスト以下の能力無視効果は自分も影響を受けるので、その点をケアしなければいけません。 余談ですが、コスト∞は当然8以上のコストでもあるので、前述した『終末縫合王 ミカドレオ』のEX WINの対象クリーチャーに含まれます。

未来王龍 モモキングJO

【相場】5,300円前後

終末縫合王 ミカドレオ

【相場】3,800円前後

Volzeos-Balamord

【相場】各3,000円前後

全能ゼンノー

【相場】1,700円前後 コスト4/無色/パワー2000のGRクリーチャーです。 『相手のクリーチャーは、出たターン攻撃できない。』という単純明快な効果で、相手のSAや進化クリーチャーを止めることができます。 GRクリーチャーとしては強力ですが『その子供、可憐につき』でも代用できるので、最近は採用率が低下しています。 ですが能力自体は強力なことに変わりないので、GRが増えればまた採用率が上がるかもしれません。

20thレア【Aレア】

Bレアに続いてAレアのご紹介です。 AレアはBレアと比較して価格は安いですが、BのTOPレアのカード達はAでもそれなりの金額で取引されています。

ウマキン☆プロジェクト

【相場】2,000円前後

地龍神の魔陣

【相場】2,000円前後

天災 デドダム

【相場】2,500円前後

メンデルスゾーン

【相場】1,100円前後

SR.VR

今弾はSR.VRは他の弾と比べて弱いという声が多いですが、環境で使われるカードや徐々に評価を上げているカードもあります。 『ザーディクリカ』や『グレイトフルベン』程のカードはありませんが、後から評価が覆るのはデュエマの常なので要チェックです。

バラギアラ <ヴェロキボアロ.Star>

【相場】800円 コスト7/自然/スター進化/T・ブレイカー/パワー15000のクリーチャーです。 相手のクリーチャーが出たとき、そのマナコスト以下の自然のクリーチャーをマナから踏み倒すことができ、タップ状態であれば自分は攻撃されないという能力を持ちます。 踏み倒し効果は非常に強力ですが、除去耐性が少ないのと、相手依存の効果なのが少しネックです。 ただ種族にドラゴンがあるので、受けが弱いドラゴンデッキには重宝するかもしれません。

無双龍騎ボルバル・モモキング

【相場】900円前後 コスト8/火・自然/スター進化/Qブレイカー/パワー25000のクリーチャーです。 出たとき自身のシールドを2枚ブレイクし、相手のクリーチャーとバトルさせる能力です。 この効果は強制効果なので、状況を選びますが、敢えてSSトリガーを誘発させたり、コンボに使うこともできます。 このカードも独特な効果をもっていますが、少しマナコストが重いなという印象です。

覚醒連結XXDDZ

【相場】600円前後 コスト7/火・光・闇/EXライフ/Wブレイカー/パワー8000のクリーチャーです。 自身のクリーチャー全てにSAとスレイヤーを与え、攻撃時EXライフシールドを墓地に置くことで、次の自分のターンまで相手は呪文を唱えられなくなります。 ワンテンポ遅れますが、疑似『ラフルル』のような動きが可能で、現在徐々に評価を上げています。 個人的にはかなり強力だと思っています。 VRで比較的入手しやすく、現在は流通量も多いので、今後ドラゴンデッキを使う予定のある方は4枚確保しておいて損はないカードだと思います。

まとめ

【終末王龍大戦】の当たりカードをまとめていきましたが、いかがでしたでしょうか? 2月2日現在、定価を下回る価格でBOXが取引されています。 かなり当たりはずれの大きいBOXなので、ギャンブル性が強いですが、Bレアは他の弾と比べても当たりが多いので剥く価値は十分あると思います。 安く販売しているところがあれば買ってみてもいいかもしれません。 最後までご覧いただきありがとうございました。