メンタルデュエルマスターズ ルールについて | あんだんて

動画でも紹介させて頂いたメンタルDMのルールについて簡単にまとめてみました。カジュアルプレイヤーから上級者まで幅広く楽しめる遊び方なのでオススメです。 もちろん競技ルールではないですし、楽しめれば詳しいことはなんでも良いとは思いますので、あくまで参考までにどうぞ!

動画URLはこちら→https://youtu.be/h6jvWmxQk7k

〜用意するもの〜

適当なカードの束 これだけですね笑 普段は2人で適当な余りカードを適当に100枚くらい共通の山札として使うのですが、リモートの場合は1人4.50枚適当な束を各々用意して頂ければそれで大丈夫だと思います。

〜大まかなゲーム進行〜

基本的なゲームの進行は普通のデュエマと全く同じです。 カードを使用する際、マナと文明が同じカードを宣言し、そのカードとして使う。 これに尽きます。 例えば手札に『フェアリーライフ』があったとします。このカードは『霞み妖精ジャスミン』の様な自然文明2マナのクリーチャーとして使うことが出来ますし、自然文明2マナの呪文『レッツ・ゴ・イチゴ』の様な呪文として唱えることも出来ます。ただし、マナコストの違うカードや文明の違うカードになることはありませんので、『青銅の鎧』になったり『ゴースト・タッチ』になったりする事は出来ません。

〜その他大きなルール〜

◎ゲーム中同じカードを2回使用する事は出来ない

そのゲーム中に一度でも使用したカードは、相手のカードでも自分のカードでも関係なく2回目の使用はできません。例えば相手が先行で『フェアリーライフ』を唱えてきた場合、自分の番では『霞み妖精ジャスミン』の様な別のカードでブーストする事になります。また、『フォースアゲイン』の様に明らかに同じカードを出し入れするカードは使用する事が出来ません。『魔龍バベルギヌス』の様なカードで、違うクリーチャーとして場に出す事は出来ます。

◎多色カードに関して

まず原則として、単色のカードは他色カードになる事が出来ず、他色カードは単色カードになる事は出来ません。 他色カードはマナが同じでそのカードに含まれている文明を全て持つカードであればどのカードにもなる事が出来ます。例えば手札に『電脳封魔マクスヴァル』が有ります。このカードは水闇の3コストなので、水闇の両方を含む3コストの呪文『ブレインタッチ』になる事が出来ますし、自然を足して『天災デドダム』になる事も出来ます。ただし、『魂と記憶の盾』の様に、闇を含まないカードになる事は出来ません。逆に手札の『天災デドダム』は自然を含んでいるので、『ブレインタッチ』になる事は出来ません。

◎シールド・トリガー に関して

シールドトリガーは、各プレイヤーゲーム中1度だけ使用する事ができます。どのタイミングで使うかは自由ですが、その際もマナと文明は一致している必要があります。

◎ツインパクトカードに関して

ツインパクトカードは、ツインパクトの片面ごとにマナや文明を参照しています。例えば手札の『凄腕プロジューサー/リンゴ娘はさんにんっ娘』は、水単色の5マナとしても、自然単色の6マナとしても使えます。この場合、『トリプルブレイン』や、『ナチュラルトラップ』、『ソーナンデス』等として使う事が出来ます。 ただし、水の6マナのカードでは無いので、『龍装艦チェンジザ』になることは出来ませんし、片面では多色でないため『ミラクルとミステリーの扉』の様な他色カードになる事も出来ません。

◎カードの種類を指定する場合

カードの種類に指定がある場合、元々のカードと一致している必要が有ります。 例えば手札から『ミステリーキューブ』を唱え、山札を表にしました。このカードが『フェアリーライフ』の様な呪文だった場合、このカードを『霞み妖精ジャスミン』の様なクリーチャーに変えてバトルゾーンに出す といった事は出来ません。 逆に、表になったカードが『霞み妖精ジャスミン』であれば、そのカードは『シビレアシダケ』になる事も出来ますし、『薫風妖精コートニー』になる事もできます。 また、手札から『ロジックキューブ』を唱えた場合、山札から元のカード『フェアリーライフ』であれば回収する事が出来ますが、『霞み妖精ジャスミン』であれば回収する事は出来ません。 ただし、回収した『フェアリーライフ』を、手札から使用する際、『霞み妖精ジャスミン』として使う事は出来ます。

◎宣言するカードや非公開領域から出すカード等について

革命チェンジ、無月の門、ニンジャストライクやストライクバック、斬隠蒼頭龍バイケン等のマッドネス、龍装者バルチュリス 等、宣言が必要だったり、非公開領域からのカードの使用は、ややこしい上にインフレが凄いので身内で遊ぶときは基本的に禁止にしています。ただ、有れば有ったで面白いのでお互いの了解があれば使用しても良いかもしれません。

基本的なルールに関しては以上です。 細かいカードの使い方など質問があればコメントやTwitterの方に書いて頂ければ、普段どの様なルールにしているのか可能な限りお答えさせていただき、適宜追記させていただきたいと思います。ただし、基本的にはローカルな遊び方なので統一のルールがある訳では有りません。そちらだけご了承下さい。

あんだんて Twitter :@EarlGray_15

出品