デュエマクラシック初期の高額ノーマルカードの価格相場を徹底調査 | なず

こんにちは!デュエマコレクターのなず(@snowfaily_dm)です! 今回は少し視点を変えて、地味にプレミアがついているノーマルカードについてまとめてみました!クラシックで遊ぶ方も増えている影響からか、中にはホイルカード顔負けの高値がついているカードもあります!

サイバー・ブレイン(約150円)

magiでこのカードを探す! 未だに完全上位互換が出ていない最強のドローソースです。上位互換どころかサイバーブレイン自身が禁止カードに指定されています。 長きに渡って大量に生産されたDM-01のアンコモンカードですが、やはり汎用性の高さから禁止後もそれなりの価格を維持しています。理由はクラシックで非常に高い需要がある為です。 このカードに限らず、初期のカードは禁止されていても高価なカードが多いですね。

マナ・クライシス(約600~1000円)」

magiでこのカードを探す! デュエマ初のランデスカードの一枚です。登場以来ランデスの基本カードとして高い需要があり、再録も収録枚数の多いベストチャレンジャーに一度のみです。 初期の再録の少ないカードが高騰するのはよくある事ですが、マナクライシスに限っては環境入りするデッキにも採用される事から高騰の際の上がり幅が非常に大きいカードですね。 レアリティはアンコモンなので意外とストレージで見つかる一枚です!

深緑の魔方陣(約300円)

magiでこのカードを探す! 初期の自然文明に見られたシールド補給カードです。その中でも特に癖と実用性が強い一枚ですね。クラシックの流行時にはかなりの値上がりを見せました。 こちらも初期のデッキに一度再録されたのみで今では中々見ないカードです。

デビルドレーン(約300円)

magiでこのカードを探す! コンボパーツとして注目が集まりがちなカードです。初期のレア枠のカードの為発行枚数そのものが非常に少ないです。その極端な効果から評価されたのは発売されてからかなり後であり、長い間不要なカードとして扱われていた為初期版の入手が比較的難しいカードです。

呪紋の化身(約400円)

magiでこのカードを探す! 言わずと知れた禁止カード!クリーチャーが足りていれば出すだけで勝利が確定した凶悪なカードでした。 登場時から禁止まで高い需要があった為それなりの数が現存していますが、やはりクラシック需要が高い為に高価です。

ロスト・チャージャー(約600円)

magiでこのカードを探す! 文句なしの禁止カードです!よく売れたパックのレア枠でしたがこちらはデッキに採用する際は複数積みされる事が多い為、他の禁止クラスのカードよりもやや高価です。 ボルバルという色んな意味で黄金期だった時期に活躍したカードというのも高騰に拍車をかけています!

母なる大地(800円)

magiでこのカードを探す! 黄金期の禁止カードの頂点に立つ呪文カード!クラシックのデッキを組む際は自然が入るなら母なる大地も入るというレベルの必須カードで、再録版は銀枠であった為(黒枠の初期版は禁止カードとは思えない程高価)です。 同じ弾のベリーレアであるボルバルザークと同じくらいの値段と考えればこのカードがどれほど存在感のあったカードであるかが伺えます! 余談ですが、英語版のこのカードは一枚一万円を超える価格で取引されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?昔デュエマを遊んでいたという方なら結構持っているカードも多いのではないでしょうか。現行を遊んでいる方であればmagiで販売することによって最新の強力カードを購入する事ができるくらいの価格で売れるカードもあります! コレクション向けのホイルカードとは異なり、これらのカードはプレイ目的で購入する人が多い為傷がついていても値段が下がりにくいという利点もあります。また、ショップのストレージに混ざっている事も多い為記憶の片隅に置いておけば何気なくアドが取れるかもしれません!(笑) 以上、地味に高いノーマル特集でした! デュエマクラシックカテゴリーはこちらから! 海外版もよかったらどうぞ!

出品